激安、激安、12万円で買えるBFHおすすめPC

GALLERIA XT-A

価格
10万9,980円(+税)
おすすめ度
★★★
納期
2日で出荷

(価格は為替の影響でよく変わります)

>>このサイトの管理人ってどんな人?

目次を見て「役に立ちそうだな。」と
思った方はお気に入りに追加しましょう↓↓

←クリック

★1★激安、格安のBFH推奨PCのスペック

マグネイト MT
グラフィックNVIDIA GeForce GTX960 2GB
CPUインテル Core i5-4590 (クアッドコア/定格3.30GHz/TB時最大3.70GHz/L3キャッシュ6MB)
メモリ8GB DDR3 SDRAM(PC3-12800/4GBx2/デュアルチャネル)
ハードディスク500GB HDD (SATA3)
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
OS64bitのWindows8、または7、選択可能

★2★どうしても予算がない人におすすめ

バトルフィールドハードライン用のゲームパソコンって、
価格が高いイメージしますよね。

でも低~標準設定なら,
そうでもないです。
「12万円」で買えるゲームパソコンもあるのです。

それがこの「GTX960」搭載のBFH推奨パソコン。

「GTX960」は「2015年1月22日」に発売されたばかりの
ミドルレンジの最新グラボ。

1年前のミドルレンジ「GTX760」なら14万はしましたね。
このGTX960は11万円です。
しかもGTX760より12%ほど↑です。

3万安くて12%性能アップ。コンピューターの進化って早いですね。

★3★低~標準設定の1920×1080の解像度ならサクサク遊べます

GTX960は、「3D Mark 11 スコア」で「3,178」の数字があります。
この数字は1年前まで主流だったGTX760の「2,768」より↑になります。

「3,178」がどの程度かと言うと、
1920×1080の解像度で、

「最高画質(ULTRA)」でフレームレート「40~55」FPSでます。
爆風やオブジェクト破壊のときは40FPSに下がってしまいます。

「高画質で50~70」、「標準画質60~80」、「低画質70~90」ですね。
場所によって、フレームレートはかなり違ってきます。

標準画質~高画質で快適に遊べますね。
ただ、最高画質だと撃ち負けることが多くなるかもしれません。

しかし本気モードのときだけ、
低画質で遊ぶのなら撃ち負けることは少ないかと。

腕があること大前提ですけどね!

どんな人におすすめか?

このパソコンがおすすめな人は、

 ★ 格安、激安でミドルレンジのゲームパソコンが欲しい人。
 ★ 最高画質でフレームレート40で我慢できる人
 ★ BFHを低画質~標準画質で遊ぶ人

です。

★4★1日あたりの値段82円

パソコンの平均寿命は4年とされてます。
大事に使えば5年~6年使えますが、ここでは一般的な寿命4年で考えます。

4年ということは日数にすると「1461日」です。
パソコンの価格をこの日数で割れば、1日あたりの値段がわかります。

このパソコンは今は「約12万円」で買えます。
ということは、12万円を1461日で割れば、1日あたりの値段が出ます。

120,000円/1461日=82円

なんと、1日あたり「82円」になります。
パソコンはゲーム以外にもネットサーフィン、
音楽、動画、仕事と使い道がいろいろあります。

いろんな使い方がある、ゲームパソコンが
1日75.3円で買えると考えると安い買い物ですね。

例えば、約3万円6千円のカスタマイズをしても、
1日24.6円増えて、106.6円になります。

1日あたり、缶ジュースよりも安く買えますし、
タバコの4分の1くらいの値段で買えてしまいます。

12分割までなら金利の手数料0円

それと、分割払いもできるので、
学生さんなんかでも、買いやすくていいですね。

そして、ドスパラは12回まで金利0キャンペーンやってます。
これはゲームパソコンを売ってる通販BTOではドスパラだけです。

BFHを激安、格安で楽しみたいならこのBFH推奨PCを買いましょう。

★5★自分のプレイスタイルに合わせてカスタマイズ

カスタマイズをしてパソコンを買うと、
自分のプレイスタイルにあったパソコンが買えます。

たとえば、長時間プレイするなら、PCは熱を持ちやすいので、
CPUファンをグレードアップしたり、電源を熱に強いものに変更して、
パソコンの寿命を延ばしたり。

BFH(バトルフィールドハードライン)をやりながら、
ほかの作業も裏で並行していろいろやるなら、
メモリを16GBにしてみたり。

SSDを追加して、ゲームMAPの読み込みを2倍↑にして、
スタートダッシュで他のプレイヤーと差をつけたり。

そんなことができます。

後からメモリを追加できるの人は、
予算が厳しいなら8GBのままでいいでしょう。

予算がないならカスタマイズしないで買おう

このパソコンの「売り」は激安、格安なので、
もちろんカスタマイズしないのも全然ありです。

予算11万円ならカスタマイズしないで即カートに入れましょう。

★6★BF歴13年がおすすめする「3つ」のカスタマイズ方法

もし、カスタマイズするなら、おすすめは、
「SSD」 >>> 「電源」 >> 「CPUファン」 >>> 「メモリ」
です。 

パソコン購入って高い買い物だから怖いですよね。
パソコンに不安がある人は、ドスパラの「セーフティサービス」がおすすめ。

みなさん、新しいゲームパソコンを買って、
一緒にバトルフィールドハードラインで活躍しましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ